XreaのWordPressバージョンアップでエラー!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressアップグレードネタが続く。

以前からなんとなく知ってはいたが、XreaではWordPressのアップグレード時にちょっと苦労しそうな予感がしていた。

Xreaの中でもサーバーによるが、WPの管理画面からバージョンアップしようとすると、

ダウンロードに失敗しました。: ファイルストリーミングの送り先となるディレクトリが存在しないか、書き込み不可になっています。

というエラー文言が出ることがある。

ネットで調べてみると、同じ症状になっている人は山ほどいて、

Xreaでは PHP がモジュール版・セーフモード(SAFE MODE)環境で動くようになっている

↓↓

WordPress が自動生成するディレクトリとファイルの所有者が「apache」になる

↓↓

そのディレクトリに WordPress から書き込みができない

↓↓

ファイルのアップロードやプラグインの更新、ひいてはWP自体のバージョンアップができない

ということらしい。

 
で、その解決方法はというと

  1. /wp-content/のパミッションを707(もしくは747、757など3桁目の「その他の人」が7だったら可)に
  2. ファイルのアップロードやプラグインの更新、WP本体のバージョンアップで使用されるPHPファイルをCGIモードで動かす仕様にするため、/wp-admin/直下に.htaccessファイルを作成し、以下の内容を記載。

という流れ。

 
以上を実践したところ無事バージョンアップに成功。

レンタルサーバー会社によって、仕様がまちまちで慣れるのに大変。
そして1つに慣れたと思ったら、他を忘れるということの繰り返しだなぁ。

<追記>
coreserverでもそうなのか??
いずれ要確認。(⇒同じ事が起こった!)

<さらに追記>
Xreaでもサーバーによってまちまちで、そもそも上の設定なくftp情報を入力すれば更新できるものもあるし、逆に、上の設定をしても「ファイルをコピーできませんでした。」というエラー文言が出て、インストールが失敗することもある。


サブコンテンツ