WordPressをmysqlなしで(SQLiteで)インストールする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpressxsqlite
つい最近まで、WordPressはmysqlなしではインストールできないと思い込んでいた。

しかし、実はそんなことはなく、SQLiteを使えばmysqlなしでもWPをインストールできる のだ。

共用のレンタルサーバーでも、さくらインターネット、ロリポップ、99円レンタルサーバー、ドメインキング、サーバーカウボーイ、ロケットネット等で問題なく動くことが確認できている。

その手順は以下のとおり。

1. WordPress一式をダウンロードし解凍

ホーム

 

2. SQLite Integrationプラグインをダウンロードし解凍

http://wordpress.org/plugins/sqlite-integration/

 

3. 2.の「sqlite-integration」フォルダ配下を1.の/wp-content/plugins/の下に移動

 

4. /wp-content/plugins/sqlite-integration/にあるdb.phpを/wp-content/直下に移動

コピーではなく移動することに注意。

 

5. 上のファイル一式をサーバーにアップロード

 

6. WPをインストールしたドメインにWebからアクセスし、WPの設定。

この時、wp-config.php 内のmysqlのdb名やユーザー名は使わないのでそのままでOK(=何でもOK)。

以上の手順であっけなくインストールは完了となる。

よく問題が起こるのはインストール時に書き込みパッションがなくてエラーとなるところ。
その場合/wp-content/の下に作られたdatabaseフォルダを一旦削除し
パミッション757で同名のフォルダを作成してみるとうまくいくことがある。

 
どうしてもうまく作れない場合は、うまく作れた他のサイトの/wp-content/database/.ht.sqlite
をコピーして、「DB Browser for SQLite」等のsqliteを編集できるツールで開き、サイト情報を編集してアップロードして使用することも可能。

 
mysqlを使用せずにインストールできるということは、すなわちmysqlが使えないレンタルサーバーのプランでもWordPressが使えるということ。これはコスト的にも助かる。

ただし、いくつか注意点がある。

■mysqlを使うことが必須なプラグインは動かない。
例えば私がよく使っているプラグインの中では、「Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)」や「Redirection」「Ktai Style」などがSQLite環境では使えない。
こちらも、使える同内容のプラグインを探すか、そもそもその機能を使わなければ済む話なので大きな話ではない(はず)。

 
■phpのバージョンが古すぎるとそもそもWordPressが入らない
例えば、レンタルサーバーの「@WAPPY」はPHPが5.1.6のため新しいWP自体を入れられないため、SQLiteを使う前段階でNGとなる。

 
WordPress with SQLiteというこの方法。
これについては、もっと早くに知っておきたかった。

<<追記>>
ログインID・パスワードは合っているはずなのにWordPress管理画面にログインできない時(それまではログインできたのに、ログインできなくなった時)は……
データベースファイル(.ht.sqlite)のパミッションがひっかかってる場合がある。
FTPユーザとWordPressのユーザが異なってしまうサーバーで起きやすいので注意。
例えば644になっていたら、646にしてみると。
わかっていても、パミッションは何度もハマる……成長しない私。


サブコンテンツ