現在mysqlで動いているWordPressを、SQLiteに移植する手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpressxsqlite
以前に書いた「WordPressをmysqlなしで(SQLiteで)インストールする方法」で、WPのSQLiteでのインストール方法については説明した。

 
今回は、あるサーバー上で、現在mysqlで動いているWordPressのDBを、SQLiteに変更する手順について説明していく。

1. 現在のWordPressの管理画面でコンテンツ一式をエクスポート

管理画面⇒[ツール]⇒[エクスポート]で”すべてのコンテンツ”にチェックが入っていることを確認し、[エクスポートファイルをダウンロード]。

 

2. SQLite Integrationプラグインをダウンロード

http://wordpress.org/plugins/sqlite-integration/ からダウンロードし解凍。

 

3. 2.の「sqlite-integration」フォルダ配下を サーバーの/wp-content/plugins/の下にアップロード

 

4. /wp-content/plugins/sqlite-integration/にあるdb.phpを/wp-content/直下に移動

コピーではなく移動することに注意。

 

5. サイトにWebからアクセスし、WPをインストール

「サイト名」「ユーザー名」「パスワード」を入力してインストール完了。

 

6. 1.でエクスポートしたXMLファイルをインポート

管理画面⇒[ツール]⇒[インポート]⇒[WordPress]を選択。
インポート用のプラグイン「WordPress Importer」をインストールするよう指示されるので、それをインストールし有効化。
[WordPress Importer]の設定で1.のXMLファイルを選択し、インポートを実行。

 
以上の工程でおおよそ移植はできているが、まだ細かい微調整が必要な箇所がいくつかある。

 

7. サイトの説明文を入力

[設定]⇒[一般]でサイトの説明文を入力。入力しないとデフォルトのJust another wordpress siteのまま。

 

8. パーマリンクの設定

[設定]⇒[パーマリンク設定]でパーマリンクのルールを以前と同じ内容に設定。

 

9. テーマの設定

[外観]⇒[テーマ]で使用しているテーマを選択。選択しないとデフォルトのテーマが適用される。

 

10. プラグインを有効化

すべてのプラグイン(6.で有効化した「WordPress Importer」を除く)が無効になっているので、[プラグイン]のページで必要なプラグインを有効化する。

 

11. ダミーの投稿と固定ページを削除

ダミーの投稿と固定ページが1つずつ作成されているので削除。

 

12. メニュー、ウィジェットの設定

メニューとウェジェットの設定内容も消えているので、設定していた場合は、[外観]⇒[メニュー]ないし、[外観]⇒[ウィジェット]で設定。

 

13. 各プラグインの設定

プラグイン毎に設定していた内容も消えているので、あらためて設定する。

 

14. SQLiteでは動かないプラグインの対応

例えば、
・「Redirection」は.htaccessにリダイレクトルールを記載する
・「Yet Another Related Posts Plugin」は別のプラグイン(EX: 「Wordpress Related Posts」)で代替する
など。

 
こうやって書き出してみると、意外と修正箇所が多いことに気づく。
抜けがないよう対応したい。


サブコンテンツ