GoogleのSearch Console(ウェブマスターツール)で削除したURLを復活させるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本来はGoogleにインデックスさせたくないページが、誤ってインデックスされてしまうということはある。
そんな時、robots.txt の記述によってクロールさせない、インデックスさせないことはもちろん可能だが、急を要する場合でGoogleのボットが次にやってくるのを悠長に待っていられない事もある。

この時便利なのが、Googleのサーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)の「URL削除」機能。
GSCにログイン⇒[Google インデックス]⇒[URLの削除]
から、削除したいURLを指定して申請することができる。

私の経験だと数時間でインデックスから削除される。

ここまでは、昔から知っていた話。

今回ハマったのは、一度URLを削除したURLを再び復活させる、すなわちURLの削除を解除する方法。

これまで私は、一度削除されたURLも、あらためてGSCからサイトマップを送ったり、「Fetch as Google」機能を使用していれば自然にインデックスされるものと思い込んでいた。
しかし、実際は違った。

つまり、一度「URL削除」申請されたURLは、サイトマップを送ったり「Fetch as Google」を使ったりしても復活しない仕様なのだ。

では、どうやったら解除できるのか。

これが実に簡単で、URL削除申請の時と同じく
GSCにログイン⇒[Google インデックス]⇒[URLの削除]
に行き、右上の「表示:」の横のボックスをクリックすると、その選択肢の中に
「削除ずみ」というものがあるはずだ。
そこをクリックすると、今まで削除申請した一覧が表示される。
その中で、復活させたいURLの欄にある「再登録」ボタンをクリックすればOK

こちらも削除申請の時と同じく、数時間もすればインデックスに戻ってくる。

厳密に言うと、もともとGoogleにインデックスはされていたが、表示されていなかった状態だったものを、解除した形になる。だからGSCを見ても、もともとインデックスされていた状態で気づかなかったわけだ。


サブコンテンツ