「鉄道」タグが使われている記事 3件

宮脇俊三さんのエッセイ「椰子が笑う 汽車は行く」を読んで

椰子が笑う 汽車は行く

宮脇俊三氏の著作は、数年前に「シベリア鉄道9400キロ」を読んだことがあり、その本は捨てずにとってある。 本作には昭和58年~59年頃に書かれた鉄道旅行に関する四篇が収められている。 以下、備忘録的に、心に留まった箇所を・・・

第一阿房列車/内田百閒著

daiichiahoressya_catch

内田百閒(うちだひゃっけん)の名エッセイを久しぶりに読み直した。 云うまでもなく、旅のお供、特に列車での旅のお供には最適な書である。 以下、心に留まった箇所。 阿房と云うのは、人の思わくに調子を合わせてそう云うだけの話で・・・

都営三田線の迷走の歴史

mitasen

都営三田線。 個人的に、母親の実家が三田線沿いにあったということもあり、親しみがある路線。 渋谷や新宿、池袋はおろか上野や秋葉原なども通らない地味な路線ではある。 その地味な路線の、翻弄される運命が記事になっていた。 5・・・

サブコンテンツ