「小説」タグが使われている記事 29件

江國香織さんの短編集「号泣する準備はできていた」を読んで

号泣する準備はできていた

江國さんの小説に接するのは、先日読んだ『つめたい夜に』に次いで二作目。 『つめたい夜に』でもそうだったが、言葉を選ぶセンス、表現の切れ味がずば抜けている。 そして、普段自分が無意識に漠然と思っていることを言葉にしてくれる・・・

江國香織さんの短編集「つめたい夜に」を読んで

名前はもちろん知っていたが、作品をちゃんと読むのは初めての作家さん。 友人から借りて、初めて接することができた。 読みやすさを気づかってくれたのか、小説の短編集だった。 なんだろう。 子どもや老人が登場する話がいくつかあ・・・

ベストセラー作家・池井戸潤氏の最新作「陸王」を読んで

陸王

初めて接する池井戸潤氏の作品。 ランニングシューズ×中小企業経営というところが、自分の境遇とも通じるものがあり、珍しく単行本を購入。   結果的には、文章のテンポがいいとも思えず、独自色が強い内容とも言えず、目・・・

異類婚姻譚/本谷有希子著

いるいこんいんたん

文庫でない本を久しぶりに購入した。 それはひとえに、劇作家としての才能に一目置いている本谷有希子氏による著作であるから。 そして、芥川賞の受賞作であることも、もちろん興味をひく一因となった。 本書には、表題作の「異類婚姻・・・

風紋/乃南アサ著

ふうもん

乃南アサの長編小説を読むのは初めてだ。 もしかすると、彼女の作品自体に接するのも初めてかもしれない。 本書は家族からの貰い物。ストーリーをまったく知らないまま電車での移動中の供に良いかと思い手にとった。 そこに間違いはな・・・

模倣犯/宮部みゆき著

もほうはん

上下合わせて1,400ページを超す、圧倒的なボリューム。 読み終わって強く思うのは、救いがあるラストで良かったということ。 どっぷりとこの世界の中に入りきって、打ちのめすだけ打ちのめす終わり方だったら、精神的につらかった・・・

リヴィエラを撃て/高村薫著

十年ほど前に一度読んだことがあったものを、再読。 丹念に取材した内容を骨太な小説に落とし込む手腕では、日本有数といっても過言ではないだろう。個人的に、この作者には、かなり信頼を置いている。 本書も上下にわたる大作ではある・・・

骨肉の倫理/石川達三著

こつにくのりんり

表紙をめくったところにこうある。 「人間はそのエゴイズムによって、他人に対するよりも、肉親(=骨肉)を激しく憎む。むしろ骨肉であるがゆえに憎悪は他人に対する場合よりもさらに激化する」と。 本書は昭和30年代に書かれたもの・・・

舟を編む/三浦しをん著

ふねをあむ

三浦しをん著のベストセラー、映画化もされている。 話の内容もうっすらとは知っていて、興味は持っていた。 今回、一年ほど前に、楽天koboのキャンペーンを利用して無料でダウンロードしていたのを、ようやくiPadで読んでみた・・・

愉楽の園/宮本輝著

ゆらくのその

かなり好きな部類に入る、作家の一人、宮本輝。 大阪への往復の移動の際に読もうと、本書を手に取る。 もともとは文藝春秋に連載されていたもので、連載期間は1986年5月号~1988年3月号まで。 舞台はタイ、バンコク。 80・・・

サブコンテンツ