【音楽評】岡村靖幸 「OH! ベスト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年発売のベスト盤。

それまで断片的にしか聴いたことがなかった
岡村靖幸をはじめてじっくり聴いた。

印象としては
初期の頃は、歌い方のクセが強く
聴く側が構えてしまうが
後期になると歌い方のクセが弱くなり
おとなし目の曲が多くなり
彼の本来の魅力が減ってしまったようにも思える。

個人的には彼の特徴とおとなし目の曲調の
バランスが絶妙の「セックス」が一押し。


サブコンテンツ