【音楽評】hiro 「Naked and True」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2002年リリースの
ソロとしての2ndアルバム。

SPEED時代から歌唱力には定評があったが
その後のさらなるトレーニングの成果か
本作ではさらに歌が上手くなっている。

もう”アイドル”って感じではない。
この2年前の「Bright Daylight」ぐらいのときは
同じ曲の中でも、上手い部分と力がない部分がはっきり分かれていたが
本作では安定している。

しかし、そこが逆に彼女の魅力を損なっているようにも感じる。
大人っぽい曲調と歌い方はアイドル歌手との決別を意図しているのだろうが、その彼女にあまり魅力を感じることができない。

このアルバムの中でも、
やはり中~高音部の彼女らしさが出る曲のほうが魅力的に感じられる。
伊秩プロデュースカムバックを期待!


サブコンテンツ