【音楽評】Personz 「singin’」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1992年発売のベストアルバム。

80年代後半に活躍した女性ボーカルのバンドだが
当時は、おそらく、
ボーカルのJILLの容姿・容貌にあまり魅力を感じず
喰わず嫌いで聴いていなかった。

しかし今聴いてみると
ハスキーなボーカルも好みだし
勢いのある元気なメロディラインも清々しさを感じさせる。

当時もっと聴いていれば
自分にとっての青春バンドの一つになったのは間違いないだろう。
残念。

「DEAR FRIENDS」が一押し。
「Lucky Star」「CAN’T STOP THE LOVE」「Dreamers」も素晴らしい。


前後の記事

«  (前の記事)

(次の記事)  »
サブコンテンツ