【音楽評】K-Ci & JoJo 「X」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年リリースの
R&B兄弟デュオ、K-Ci & JoJo の3作目のアルバム『X』。
Xはエックスではなくテン=10を意味する。

主に90年代に活躍していた彼ら。
出すアルバムはことごとくヒットを飛ばしており
名前もよく耳や目にしていたが
どうも肌に合わない。

このアルバムも
聞いていて嫌な気はしないのだが
どうも響いてこない。

声質と曲そのものが自分と合わないんだな。
薄く聴こえる。


前後の記事

«  (前の記事)

(次の記事)  »
サブコンテンツ