英文の住民票がとれないので自分で翻訳してみることに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひょんなことから、自分の住所と氏名を証明できる英語の文書が必要となった。

免許証は日本語オンリーだし、パスポートにも住所欄なんてなかったはず。

だったら、住民票を英文でとるかと思って、区役所に行く前に一応事前にネットで調べてみると、どうやら役所は英文の住民票なんて発行してくれないらしい

免許証にも一切英語表記がなく、しかも、年号がすべて西暦じゃないことにも不便を感じていたが、まさか英文の住民票が存在しないとは思わなかった。

仕方がないので、自分で英訳して住民票の写しとともに提出してみることにした。

 
以下が、翻訳する時に使ったフォーマット。
住民票の取り方によって項目は前後するとは思うが、どなたかの参考になれば。

RESIDENT CARD
 
●●●-ku, Tokyo Metropolis
 
Address: (住所)
Householder: (世帯主)
 
Name: (氏名)
Date of birth: (生年月日)
Sex: (性別)
Date became a resident of this ward: (住定年月日)
Relationship to the householder: (続柄)
Permanent domicile: (本籍)
Person appearing first in the family register: (筆頭者)
Resident card code: omitted
Former address: (移転前の住所)
 
– Hereunder blank –
 
Issued by the Family Registration and Residents’ Section
 
I hereby certify that this is a true copy of the resident card for all family members.
 
Jul 9, 2014
 
              SEAL (区長の名前)
                 Ward Head
●●●-ku
 
A computer generated official seal is used and is printed in blank.

※東京23区のケース。
※()の部分は実際の内容を英語で記入。

これでなんとかなってくれることを祈るばかり。

<<後日追記>>
自分で上のとおり翻訳した住民票を、とあるイギリスの機関に提出したのだが、残念ながら一蹴されてしまった。
「Google翻訳じゃダメだよ」と……Google翻訳なんてしてないけど…要は、certify された証明書つきの翻訳じゃないとダメだとのこと。

仕方がないので、「住民票 翻訳」で検索して出てくる会社を片っ端から調べて、一番値段の安いところに依頼することにした。お値段は3000円ほど。
同じ内容でも8000円ぐらいとるところもあるので、安く抑えたい人は何社か調べてみることをお薦めする。

そして、この証明書つきの翻訳された(内容は自分が翻訳したものと何ら変わりない)住民票を件の機関に提出したら無事OKが出ましたとさ。

次回同様の書類を出す必要が出たら、自分で証明書作ったろうかなと思案中。。。


サブコンテンツ