スキー&スノボ人口の推移を見ていて気になった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1/11の日経夕刊に、1990年代をピークに減る一方だったスキー・スノボ人口に反転の兆しが見えているとあった。

そこに載っていたのが下の図。
skiandsnowboardpopulation

スキー、スノボそれぞれの人口の内訳は以下のとおり。

年度 スキー人口 スノボ人口 合計(万人)
1983 1040 1040
1985 1080 1080
1987 1220 1220
1988 1230 1230
1989 1520 7 1527
1993 1860 30 1890
1995 1630 40 1670
1997 1360 320 1680
1998 1400 400 1800
1999 1230 430 1660
2000 1160 470 1630
2001 1080 530 1610
2002 1090 540 1630
2003 760 430 1190
2004 710 520 1230
2005 710 520 1230
2006 610 420 1030
2007 560 400 960
2008 690 440 1130
2009 720 420 1140
2010 570 400 970
2011 630 340 970
2012 560 240 790

スキー人口のピークは1993年度の1860万人。
スキーブームに火をつけた映画「私をスキーに連れてって」が公開されたのは1987年の11月。

日本初の大型屋内スキー場「ザウス」がオープンしたのは1993年。
数字だけから見ると、オープン時期はちょっと遅かったのかもしれない。

スノボは90年代中盤から流行りはじめ、世間的に注目されたのは1995年頃。
ピークは2002年度の540万人。

スキー・スノボを合計した人口のピークは1993年だから
スキー客の減りをスノボが補うほどのブームにはならなかったことがわかる。

それでも、スキー・スノボで1500万人を超えていた1989年度から2002年度にかけての14年間は、ウィンタースポーツ華の時代だろう。

1997年度に落ち込んだスキー客が、1998年度にやや復活したのは長野五輪の影響だろうか。

2003年度の落ち込みが急激過ぎるのが目立つが、これは例年に比べて暖冬だったことが原因だと考えられている。

2010年度の落ち込みは震災の影響だろう。

 

スキー・スノボ人口の落ち込みに加えてリピート率も下降傾向

ピークの1993年度から比べると2012年度は41%のスキー・スノボ人口ということになる。
しかし、スキー場の混み具合(=スキー場の経営)を計る上でもう一つ大事な指標が、リピート率である。
スキーヤーやスノーボーダーが一シーズンに平均何度スキー場に足を運ぶかを示した「平均参加回数」をみると、90年代前半から後半にかけては約6回であったのに対し、2005年頃の数字で約4回と三分の二に落ち込んでいる。

つまり、41%の三分の二だからピーク時の27%ぐらいの客足になっているのだ。

利用者側からすれば、空いたゲレンデで、リフト待ちもなく滑れるのは快適そのものだが、スキー場が経営不振でつぶれたり、設備投資を怠って事故につながったりしたら本末転倒。

オーストラリア人がニセコをはじめとした北海道のスキー場に多く訪れているのは聞き知っていたが、最近は香港、シンガポール、マレーシア、タイからのスキー・スノボ客も増えてきたとのこと。

先日、私自身もニセコを訪れたが、レストランや宿での英語表記の多さに、街の本気度が伝わってきた。

なんとか頑張ってほしいところである。


サブコンテンツ