【もう今は大丈夫??】さくらインターネットの海外IPフィルタが原因で大変なことに…涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、「さくらインターネットでhtmlファイルでPHPを動かす方法」という投稿を書いたが、実は今回、このやり方をしていたサイトでとんでもないことが起こった。

2014年3月20日のリリースにあるとおり、さくらインターネットは、国外IPアドレスからのアクセスを制限する「国外IPアドレスフィルタ設定」を、原則オンの状態でレンタルサーバ(マネージドサーバ、メールボックス含む)サービスの全サーバに適用した。

制限範囲は以下のとおり。

・FTP
・SSH
・SMTP(SMTP認証、POP before SMTP時)
・WebDAV
・HTTP、HTTPS のうち以下のアドレス
  /wp-admin/
  /phpmyadmin/
  wp-login.php
  mt.cgi
  admin.cgi
  php.cgi 等

基本的にWPだったりphpmyadminだったりへのアクセスを遮断してくれているのだが…… そう、
問題は php.cgi が含まれている点なのだ。

そして、もう1つの問題点はフィルタされる「国外IPアドレス」にgoogle先生のbotのIPが含まれているという点。

その結果どうなるかというと……

Googlebotが、php.cgiを使っているさくらのサーバー上のサイトに訪れると、403が返され、当サイトはGoogleのインデックスから姿を消す。

な、なんてことを……orz

ただ、落ち込んでいる暇はない。
すぐに手を打たねばってことで。

やるべき事は(おそらく)以下の2つ。

1.さくらの管理画面にログインして「国外IPアドレスフィルタ設定」をオフにする

2.インデックスが消えてしまったサイトのグーグルサーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)にログインし(サーチコンソールに登録していなければすぐに登録すべし!)、左側のメニュー⇒クロール⇒Fetch as Googleのページで赤い「取得」ボタンを押し、5秒~1分ほどで下に表示される[インデックスに送信]ボタンを押す

すると、1分もしないうちにGoogleのインデックスに復帰!
めでたしめでたし、となるはずです。

いやー、いろんなことがあるもんです。


サブコンテンツ